お土産

地元の郷土土産がいっぱい!三太郎の里 住用観光交流施設

  • 閲覧数:5
到達時間
奄美空港から車で5分程
おすすめ度
★★★★☆

行き方

地図

住所

〒894-0026 鹿児島県奄美市名瀬港町3−5

実際に行く方法

手順1.

奄美空港から南へ1時間ほど車を走らせると到着します。

手順2.

中心街の名瀬を通り抜け、さらに南の住用町に向かいます。国道58線沿いの左手に施設はあります。綺麗な東城内海沿いです。

絶景のタイミング・ポイント

住用町の観光スポットを紹介してくれる施設です。近くのトンネルが出来る前、三太郎峠という所を通り、名瀬と住用町を行き来していたようです。その名前にちなんで三太郎の里という名前になっています。

奄美市が観光・産業・交流の南部拠点として整備を進めていた本施設は、2018年からオープンしています。

直売スペースには、島野菜など農産物の加工品や奄美近海の鮮魚が販売されています。地元ならではの郷土品を見つけることが出来ます。また休憩所や観光案内所、機織りなど体験スペースがあります。周辺散策できるレンタサイクル15台も用意されています。

楽しみ方

今の時期(二月ごろ)は、タンカンが美味しい時期のようです。この辺は、みかんの里とも言われているようで、シーズン毎にいろんなみかんが食べられるそうです。

色んな郷土土産や食べ物が置かれています。

あくまき

黄色のもち米で出来た餅のような物です。味は無く、黒砂糖のきな粉につけて食べたり、自由に味付けするようです。香りは温泉の硫黄のにおいがします。好き嫌いは分かれそうな味です。

フツモチ よもぎ餅

よもぎの香りがとても良いです。あくまきもそうですが、80歳になる地元住民の平良シゲ子さん手作り。地元では、フツモチが美味しく、人気でこちらで販売することになったようです。町外からも買いに来る方が増え、一日で無くなるほどの人気に。

くび木のお茶

ここの島になる木の茎と葉お茶。実を乾燥させて入れるお茶。ベリー系ハーブティーの香りと味わいで、パッケージとの印象は異なりとてもお洒落な香りを楽しめます。ほんのり甘い感じもします。カロリーゼロの健康飲料です。

まめ モダマ

モダマの実物も展示されています。近くになっているところも案内してくれます。10年前の住用町に大水害があって、しばらく豆がならなくなっていました。しかし、2020年に久しぶりに豆がなりはじめたようです。

三太郎の里の口コミ